不正な業者にお金を渡してはいけない

私は趣味でオンラインゲームを楽しんでいるので、ネットで攻略情報を調べている時に他プレイヤーのブログを目にする事がたびたびあります。
その中で、RMT(Real Money Trade=ゲーム内のアカウントやアイテム等と現実世界の金品を取引する行為)の業者からの勧誘が激しくて迷惑しているという記事がありました。
オンラインゲームの経験がない人には馴染みのない単語ですが、現在これを容認しているサービスは存在しないでしょう。
昔は自己責任という形で事実上容認していたところもあるようですが、まともな業者はこんな事でお金を稼ぐなんてしません。
要するに、RMT業者=危険な業者と判断して差し支えないという事です。

これらの業者は、運営側によって次々とアカウントを凍結されていますが、それでは追いつかないペースで新規アカウントを取得し、売りつけているのです。
RMT業者は完全に損得勘定だけで動いているので、利益がないと感じたらすぐに他の「稼ぎ場所」へ移動します。
なのになくならないという事は、需要があるという事……つまり買う人が多いという事なんです。
禁止されている不正行為を冒してまで購入し、楽をしようとしている、ゲームプレイヤーの風上に置けない者が居るというわけなんですね。
本当に嘆かわしいです。ゲームしなきゃいいのに。

取引の前後に関係なく、RMT行為が発覚した時点でアカウントは二度と使用できなくされます。
せっかく購入したのに、お金をどぶに捨てるようなものです。
まぁ、不正行為をしたのだから当然の報いなんですけどね。高い勉強代と思って諦め、反省してもらう他ありません。

photo

RMT業者に限らず、不正な手段で楽に大金を稼いでいる者は多く存在します。
個人でやっている業者も居ない事はないらしいですが、大抵は組織的に行われているんだとか。
しかも、他の犯罪に手を染めている集団でもあるケースがとても多いんだそうです。
自分のお金が犯罪組織の活動資金になり、別の犯罪が起こるきっかけにもなるなんて恐ろしいですよね。
RMTを行う側も購入する側も同罪なんです。

カテゴリー: お金 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です